So-net無料ブログ作成
検索選択
アート ブログトップ

消失の恐怖を体感できる美術展 [アート]

消失の恐怖を体感できる美術
 
六本木で行なわれている現代美術家・飴屋法水氏の「ア ヤ   ズ エキシビジョン~バ  ング  ント展」は、まさにそんな「消失」の恐怖を体感できる美術展だ。ところどころ、文字が欠けているようなのも、その内容の一環。欠けている文字を頭の中で補ってください。

続きを読む


nice!(3)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

トリックアート 追記 ジェイブ美術館秘蔵 [アート]

トリックアート 福山 みろくの里 (広島県)
 
夏休みになり あちこちで イベントが企画され
多くの人を 楽しませてくれる。
ここ広島の 福山にある みろくの里で トリックアートワールドが 開催される。
23日から 8月31日までです。
遠近法や陰影法などを 駆使した 絵画が不思議な世界を演出している。
見ていて ても 面白いです。
額縁から 飛び出しているように見える ユニークな作品や
額ごと 床や壁に描くなどして 立体感を持たせている。
回転する円盤を眺めて入道雲の絵を見ると もくもくと揺れているように見える。
そんな作品が 40点展示されている。
また それを カメラで撮影したら 面白い写真になるでしょう~
 
 
 
トリックアートとは、2次元(平面)の作品を
3次元(立体)的に描く芸術です。特殊な
ペンキを塗り重ね、光の反射や屈折を作り
出し従来の認識を覆して「意識の錯覚」を
起こさせるというもの。目で見て、感性で遊ぶ!
人間生理学を応用した不思議なアート。
そんなトリックアートの作品を一堂に集めた
展覧会です。
 
usausaさんから ジェイブ美術館の トリックアートの 情報を
頂きましたので 追記で HPを 紹介します。
秘蔵の トリックアートです。
是非 美術館に行ったつもりで 見てみて 下さい。
 
いかさま師
 
 

nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート

ヒットラーの スケッチ [アート]

ヒットラーのスケッチ
 
 
モントリオールの競売人が、ナチスの独裁者、アドルフヒトラーが描いたスケッチ4点をオークションにかけ、カナダ国内のユダヤ人コミュニティから怒りと非難の声があがっている。

nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

KENJI YANOBE キンダガルテン展覧会 [アート]

26日に豊田市美術館で開催中のキンダガルテン/ヤノベケンジ展覧会へ行ってきました~
 
現代美術の まったく 分からない 私に 一緒に 行って下さった方が
色々 説明をしてくれたので 何とか 不思議な世界を 楽しむ事が出来ました。
 
館員さんの 説明で 現代美術には 答えというものがないので
その人それぞれ 感じたままで良いとの事でした。
 
それで まず 私が 感じた事 そして 第1声は!
 
でか~!
 
その ジャイアントトラヤンを 是非見て下さいね。
写真は 一緒に行った方に 提供して頂きました。
 
 
このジャイアントトラヤンなる ロボットは 子供の声にだけ 反応するとの
説明で 館内にいた 子供達が トラヤン 起きろ~!!と 声を かけると
トラヤンが あんまり 可愛い声とは 言えない声で 返事してました。
実は 本当にそうなのか~ と 信じて 
ひょっとして 私が 子供の声真似したら 反応するかな? なんて
一緒に行った方に 言ったら 笑われちゃいました。
そう 説明する 館員さんの 声にも 反応していたから・・・・ (違うのね。)
 
廃材で 作ったマンモスも 印象的でした。
それは 作者の 愛車だったみたいです。
それは マンモスの形をした ゆりかごでした。
ちょこんと 上に かごが つけてありました~
 
館内には 沢山の トラヤンがいました。
そのトラヤンは 不思議な キャラです。
子供のような目をしていますが 鼻ひげと バーコード頭・・・・
思わず カトちゃん ペッ! と 言っていた・・・・ 笑
 
写真のような 放射能の汚染をさける服を着ていました。
これが トラヤンです。
 
 
 
館内には ヤノベケンジさんの 直筆の スケッチと コメントがありました。
このトラヤンは 腹話術の お人形がモデル!
それも 作者の お父さんが 持っている 腹話術の お人形みたいです。
何故 こんな 顔になっているかも 説明がされていました。
ひとつ ひとつ 読んでいると ヤノベケンジさんの 作品に対する 思いが 分かるようでした。
 
現代美術は 私には とても 不思議な世界に 写りました。
理解しようとしても 私には 理解できないと 思いました。
ただ 心の中で 感じることは 出来たかなと 自分なりに・・・・
 
そう それと 常設展の 作品も かなり 面白かったです。
はやり 美術に 疎い 私は 説明を 受けながらでしたが・・・
有名作品 (すでに 作者を 忘れているのですから・・・)を パロッタ作品で 笑えました。
少し 不気味で 怖いような 絵もありましたが・・・
是非 こちらも 見てみて下さい。
 
美術に 感心がない 私も 今回 不思議な魅力ある世界を 垣間見て 楽しかったです。
 

nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
アート ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。